佐野 直子 弁護士
Earth&法律事務所

離婚問題は弁護士が味方になることで大きなメリットを得られる分野です。適切なアドバイスと親身なサポートにより前向きな一歩を踏み出すお手伝いをさせていただきます。

所在地東京都豊島区東池袋1丁目48番 10号25山京ビル9階
最寄り駅 池袋駅
メールで無料相談

通話は無料となっております。

0037-6030-44719

平日 9:30~18:30

離婚には多大な労力が必要です。夫婦生活を清算するためにパートナーとの交渉、将来の生活の再設計などを短期間でおこなわなくてはなりません。

離婚を成立させるまでには、財産分与や親権、養育費、慰謝料など、難しい問題を解決しなければなりません。双方譲らず話し合いが平行線になったり、夫婦間で力関係がある場合にはそもそも話し合いができないこともあります。かつては協議離婚で話し合いにより離婚するケースは約8割でしたが、年々この割合は減っており離婚調停、離婚訴訟において離婚するケースが増加しています。

もし、離婚でパートナーと揉めている、これから揉める可能性が高いということであれば、早めに弁護士に相談することで、精神的な安心が得られるとともに適切な解決が可能になります。離婚問題は弁護士が介入することで大きなメリットがある分野だと考えます。

------離婚に強い弁護士に依頼する4つのメリット--------

【1.適切で有益なアドバイスが受けられる】

離婚問題には、財産分与、慰謝料、養育費などお金の問題から、親権、面会交流などお金では解決が難しい問題まで様々な問題があり、法律知識や専門知識のない状態でパートナーとの交渉を進めるべきではありません。弁護士からメリット、デメリットなど丁寧な説明を受けることで、「あの時こうしておけばよかった」と後悔するようなリスクを減らすことができます。

【2.精神的な負担を軽減できる】

離婚するためにパートナーやその親族と話し合いをしたり交渉を進めたりするのは精神的に大きな負担となります。パートナーの弁が立つために言い負かされてしまったり、初めから交渉をあきらめてしまったりというケースが散見されます。パートナーにDVやモラハラの問題がある場合には尚更でしょう。弁護士に依頼すれば、以降弁護士が窓口となって交渉にあたりますので,パートナーと直接話したり顔を合わせるといった精神的な負担から開放されます

【3.依頼者の希望や気持を代弁する】

離婚条件を決めるにあたって、今後の生活も見すえてできるだけ有利な条件で解決したいと考えるのは当然のことです。弁護士が依頼者のご希望やどのように解決できれば納得できるかをしっかりお聞きし、それに向けて交渉・手続きをおこないます。これまで離婚事件の解決で培った経験・ノウハウをもとに進めてまいります。

【4.弁護士が味方にいる心強さ】

離婚調停の場では、調停委員からの突然の質問に戸惑ったり、強い説得に対してノーと言いにくい場面が出てくることがあります。弁護士が同席することで、質疑応答もしっかりサポートしますので、心強く調停に臨んでいただけるのではないかと思います。

------------------------------------------------------

【当弁護士の離婚、男女問題の取り扱い】

・離婚の慰謝料請求
・親権獲得
・支払われなくなった養育費の請求、
・婚姻費用の請求
・配偶者の不貞(浮気)相手への慰謝料請求
・離婚調停、離婚訴訟のサポート
・婚約破棄への対応
etc

Eart&法律事務所の弁護士 佐野直子は、これまで離婚問題を積極的に取り扱ってきました。経験・実績も豊富にございます。

お役に立てるように誠心誠意対応させていただきます。離婚、男女問題でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

携帯(スマホ)からの通話料無料

電話でのお問い合わせ

メールで無料相談

経歴

函館白百合学園高等学校卒業
大阪大学法学部卒業
中央大学法科大学院修了
弁護士登録
都内法律事務所勤務後、佐野法律事務所開業

運営方針

私は、依頼者様を自分の家族・友人だと思って取り組んでおります。もし、家族や友人に頼まれたことなら全力で解決しなくてはなりません。ですので、常に依頼者様の利益を考えるのはもちろん、お気持ちの面でも十分納得していただけるかを配慮しながら取り組んでおります。

料金目安

・相談:初回30分無料 *通常は30分 5,000円(税別)

〈離婚調停事件・離婚仲裁センター事件、離婚交渉事件〉
・着手金:30万円(税別)
・報酬金:30万円(税別)及び得られた経済的利益の※16%(税別)
 ※経済的利益が300万円以下の場合

〈離婚訴訟事件〉
・着手金:40万円(税別)
・報酬金:40万円(税別)及び得られた経済的利益の※16%(税別)
 ※経済的利益が300万円以下の場合

★離婚調停事件から離婚訴訟事件に移行した場合、別途着手金が必要となります。その場合の着手金の額は二分の一(税別20万円)を追加でお支払頂くこととなります。

実績

離婚問題を重要な取り扱い分野としております。裁判手続のみならず、別居に至るまでの準備や給付金等の手続・離婚後の役所の手続などについてもお手伝いさせていただきます。

携帯(スマホ)からの通話料無料

電話でのお問い合わせ

メールで無料相談
関連エリア
関連市区町村

佐野 直子 弁護士
へのお問い合わせ

問い合わせ・通話料無料 携帯(スマホ)からの通話無料

0037-6030-44719

営業時間
平日 9:30~18:30

メールで問い合わせ

トップへ戻る