中野 希美 弁護士
WILL法律事務所

これ以上悩まない生活のために。離婚のあらゆる問題(慰謝料、養育費、親権など)を弁護士が全力でサポートします。

所在地大阪府大阪市北区西天満4-6-8 OLCビル6階
最寄り駅 北新地駅 大阪駅 梅田駅 淀屋橋駅 東梅田駅 南森町駅 北浜駅
メールで無料相談

通話は無料となっております。

0037-6030-41313

平日 10:00~18:00(ただし、メールは平日・日祝日を問わず、随時受け付けております)

実際にあった解決事例をみる

離婚という大きな問題を前にして悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。離婚問題は夫婦のプライベートな問題であり、当人しか本当の苦しみは分からないものです。しかし、お一人で悩み続けても正しい解決は得られません。

「離婚」はこれからの人生の幕開けでもあります。20代後半で離婚問題に直面した場合、その後の人生は60年前後はあります。30代40代の女性であれば再婚・出産のための残りのチャンスを考えることもあるかもしれません。

50代、60代…それぞれの世代に離婚後の新しい生活が待っています。その新しい生活のために、法律上できる準備があります。

【離婚問題でこんな悩みがありませんか?】

・夫の浮気に我慢できない
・このまま夫婦生活が継続できるのか
・これ以上、夫婦でいることは困難
・離婚後の生活に不安がある
・慰謝料、養育費がもらえるか心配
・親権が取れるか心配
・浮気相手に慰謝料請求できないか
・現在は別居しているが復縁したい
etc

このような離婚のトラブルに直面している場合には、友人、知人に打ち明けたり、役所などで離婚カウンセラーに話しをすることで精神的に楽になることはあります。しかし、そこで本質的な解決は望めるでしょうか。

法律の専門家であり離婚問題に精通した弁護士に相談する最大の目的は、今後の道筋がはっきりさせるところにあると思います。離婚の悩みは人それぞれ違いますが、ほんの1時間だけでも話しをすることで、今後の対応方法や解決までの見通しが立つこともあるのです。

普段、弁護士と話しをする機会がないため、多くの方が私たちに相談すること自体を躊躇されるようです。弁護士に相談すると「厳しく意見される」、「上から目線で話しをする」と思われるようですが、そんなことはありません。

弁護士の中野希美(なかの きみ)は離婚で悩むご相談者の味方です。親身にお話しをお聞きし、希望される解決手段をご確認のうえで、最も適切な解決方法を一緒に考えさせていただきます。

そして、ご依頼をいただき受任となったら依頼者の利益を考えて全力をつくします。

「夫が話し合いに応じない」、「DVで会いたくない」などの状況でも大丈夫です。弁護士が交渉から事務手続きまですべて対応しますので、ご本人が直接相手とやり取りすることはありません。

WILL法律事務所では、離婚問題において以下の様な取扱分野があります。

・慰謝料請求
・養育費請求
・親権獲得
・婚姻費用請求
・面会交流
・離婚回避・復縁

その他にも離婚成立後にもラブルが起きることがあります。例えば「元夫が慰謝料、養育費を払わない」というケースがありますが、給料差押えという強制執行などもサポートもいたします。離婚後のトラブルや婚姻前の男女のトラブルのご相談もお受けしています。

これからの人生を考え、離婚を求めるべきか、争うべきか。どういった手順を踏んでいくか。一人一人のご相談者からじっくり時間をかけてご事情・お気持ちを伺ったうえで、法律的に取ることができる手段やその内容をわかりやすく説明させていただき、一緒に悩み、考えることをモットーとしています。

お悩みの霧は、1回、法律相談を受けるだけでも晴れるかもしれません。完全に晴天にはならないまでも、進むべきいくつかの道が見えてはくると思います。少しでも多くの方にとっての良き道案内人でありたいと思っております。

是非、一度、ご相談ください。

携帯(スマホ)からの通話料無料

電話でのお問い合わせ

メールで無料相談

事務所概要

法人名 WILL法律事務所
代表者 中野 希美(なかの きみ)
所在地 大阪府大阪市北区西天満4-6-8 OLCビル6階
最寄り駅 北新地駅 大阪駅 梅田駅 淀屋橋駅 東梅田駅 南森町駅 北浜駅
受付時間 平日 10:00~18:00(ただし、メールは平日・日祝日を問わず、随時受け付けております)
キーワード メール相談可 フリーダイヤル(通話料無料) 女性弁護士・司法書士・行政書士 秘密厳守(家族・勤務先) 職歴10年以上の事務所 弁護士在籍 離婚慰謝料の相談 浮気・不倫の相談 親権の相談 養育費の相談 財産分与の相談 年金分割の相談 協議離婚の相談 離婚調停の相談 裁判離婚の相談 離婚訴訟の相談 DVの相談 熟年離婚の相談 別居・家庭別居の相談

経歴

1996年3月 関西大学法学部法律学科卒業
2000年10月 京都地方裁判所 判事補任官(民事部)
2003年 4月 松江地方裁判所・家庭裁判所へ異動
2005年 6月 大阪弁護士会にて弁護士登録
2014年10月 大阪家庭裁判所 家事調停官任官(遺産分割部)
大阪弁護士会所属

運営方針

私たちの理念は「常にクラアントファースト」、「明るい希望が持てる法律事務所」、「敷居のない法律事務所」です。どなたでも気軽に相談できる事務所であり、お客様が一番、そして全力で問題解決をおこなうことがポリシーです。

料金目安

■相談料
・1時間 10,000円 時間超過の場合、30分刻みで5,000円

■着手金
・合意書・契約書等作成 50,000円(税抜き)~
・交渉    100,000円(税抜き)~
・離婚調停 200,000円(税抜き)~
・離婚訴訟 300,000円(税抜き)~

■成功報酬
・100,000円~

※ご相談から受任となった場合には、相談料は無料になる場合があります。
※着手金はご依頼内容によって増減する場合があります。
※分割払いのご相談も可能です。お気軽におっしゃってください。
※経済的にお支払いが苦しい方もご相談ください。法テラスの契約弁護士です。民事法律扶助をお勧めるすることもあります。

実績

これまで大阪、関西の離婚でお悩みの方をたくさんサポートしてきました。知識、経験、解決ノウハウは豊富にございます。

解決事例

ご相談の解決事例を紹介いたします。

29歳 女性の場合

ご相談内容

小学生と幼稚園の子どもが二人いますが、夫が突然離婚を言い出しました。私も離婚は構いませんが、離婚後の養育費だけはきちんと決めたいので、強制執行もできる公正証書で合意したいのですが、夫はそんなものは作らないと言って譲りません。養育費の額も、自分の収入の相場より安い金額しか支払わないと言っています。


解決内容

養育費については、裁判所が利用している算定表があるので、算定表から基準となる養育費を調べたところ、夫の主張金額より高額でした。そこで、夫に対し、算定表上の養育費額及び公正証書の作成を求めたところ、最終的にはご依頼者も若干養育費の額を譲ったものの、当初の夫主張金額よりは高額の合意をし、かつ、公正証書(強制執行認諾文言付き)を作成しました。

55歳 女性の場合

ご相談内容

夫は結婚当初から暴言が多く、単身赴任となってからも、たまの帰省や電話などで私に対する暴言が止まりません。このまま暴言に耐えるのはもう無理ですが、かといって私から離婚を申し出たら夫が何をしてくるか、何を言っているかが怖く、自分からはとてもではありませんが、離婚を言い出せません。


解決内容

受任直後に弁護士から夫に手紙(内容証明郵便)を出し、妻が生活する自宅には近づかないこと、連絡先は弁護士に限ることを告知し、速やかに家庭裁判所に離婚のための調停(夫婦関係調整調停)を申し立てました。
調停の話し合いの中では、夫側は主に財産分与を争ってきました(妻には隠し財産がある等)が、最終的には、夫の将来の退職金も共有財産に含めた上での財産分与が合意され、調停での離婚が成立しました。

36歳 女性の場合

ご相談内容

夫から急に離婚を言われました。私は夫と別れたくはなく、泣いて頼みましたが、離婚するの一点張りです。私の性格に不満があったなど、これまで言われたこともなかったことまで責められ、つらくてなりません。夫にはどうやら女性がいるようです。別れないために、どうすればよいでしょうか。


解決内容

法律上は、多少の性格・生活上の不満があったというだけで、裁判所が離婚判決を出すことはないこと、夫に不倫があるならなおさら離婚を争えることをご説明しました。ただ、ご相談者のお話によると、夫の暴言はひどく、このまま法律上の婚姻関係を続けることがご相談者ご自身のためになるのか、悩ましい状況でした。そこで、法律的には離婚を争えるが、そうしたときの1年後、5年後、10年後のご自身の生活をどうされたいですか、とお気持ちをうかがいました。
1度目の法律相談では特にお答えはありませんでしたが、その後、ご本人から再度の法律相談のご希望があり、過去の幸せな日々にとらわれるだけではなく、今後の自分の生活を考えてもみたところ、離婚が一番との思いに至ったとのことでした。そこで、受任の方針を離婚・財産分与・慰謝料とし、交渉及び調停の結果、すべてご希望どおりの解決が得られました。

携帯(スマホ)からの通話料無料

電話でのお問い合わせ

メールで無料相談
関連エリア
関連市区町村

中野 希美 弁護士
へのお問い合わせ

問い合わせ・通話料無料 携帯(スマホ)からの通話無料

0037-6030-41313

営業時間
平日 10:00~18:00(ただし、メールは平日・日祝日を問わず、随時受け付けております)

メールで問い合わせ

トップへ戻る