よくあるご相談

セックスレスが離婚の条件とした時、その期間と慰謝料どれくらいでしょうか?

「セックスレス」とは特別な事情もなく、性交渉が1ヶ月以上行われないる状態を指します。

夫婦間において、セックスレスという問題は、離婚の原因となってもおかしなことではありません。元来、夫婦の性交渉とは婚姻関係の基本ともいえる行為と考えられてきたため、セックスレスが離婚の原因となる可能性は十分にあります。

ただし、法律上の離婚原因として認められるか否かは、さらに夫婦ごとの細かい事情を見てみないことにはなんともいえませんし、最終的な判断は裁判所が下すことになります。

協議離婚であれば基本的には自由

協議離婚では、お互いの合意さえあれば、離婚の条件や慰謝料、親権や養育費といったものまで、基本的には自由に決めることができるとされています。

つまり、セックスレスを離婚の条件にすることについて相手が合意をすれば、離婚は成立することになりますし、慰謝料の金額についても、相手が支払うこととその金額に合意さえすれば、特に問題なく成立するといえます。

しかし、協議離婚の場合、離婚協議書を公正証書にでもして残しておかない限りは、相手が実際に支払いをしなければ、慰謝料を請求する強制力は一切ありませんし、離婚にも応じないともなれば、協議離婚を成立させることもできません。

このように、離婚や慰謝料の支払いに応じない相手に対しては、調停や裁判といった裁判所での手続きを利用することになります。

セックスレスの判断は裁判所次第

では、調停や裁判となった場合、裁判所はどういった事情であれば離婚や慰謝料を認めるのでしょうか?
セックスレスが法律上の離婚原因として認められるためには、「婚姻を継続しがたい重大な事由(セックスレスのこと)」が、「夫婦関係を破綻させるまでに至っている」と判断されることが条件となります。

なにをもって継続しがたいと感じるかは、人それぞれといえますが、最終的な判断をするのは個人ではなく裁判所です。セックスレスを主張するのであれば、裁判所が納得するだけの、事情を示す証拠品を掲示する必要があるといえます。

では、どの程度の期間セックスレスが続いていれば、認められることになるのでしょう?
過去の裁判所での判例を見てみると、1回や2回、性交渉を拒んだ程度では、夫婦関係を破綻させるとまでは判断されてはいないようです。

こちらに関しては、具体的な線引きをすることはできませんが、基準としては1年以上、かつ、セックスレスに至るまで特別な事情がまったくない、といったことが条件といえます。

裁判所が認めた慰謝料の相場

セックスレスが上記の条件を満たしている場合、慰謝料が発生する可能性は十分にあります。
慰謝料とは、精神的苦痛に対する賠償金になるため、セックスレスによる精神的苦痛が裁判所に認められれば、相手に対して慰謝料を支払ってもらうことができます。

ただし、慰謝料というものは相手の年収、年齢、婚姻期間など、様々な要素から判断されることになりますし、単なる慰謝料なのか、離婚慰謝料なのか、といった部分からも認定される金額に大きく差が出ることになるため、あまり一概にいえるものではありません。

過去に裁判所が認めたセックスレスに関する慰謝料の相場だけを見てみると、100〜300万円の間が多いようです。
しかし、こちらはあくまでも目安にしかなりませんので、参考程度に頭に入れておくようにしましょう。

過去に高額な慰謝料が認められた条件とは

過去にセックスレスが原因となり、高額な慰謝料が認められた条件は下記のような事情があった場合です。

  • 婚姻期間が長く、セックスレスの期間も3年以上ある
  • 結婚してから一度もセックスをしていない
  • 夫婦間ではセックスレスであるに関わらず、不倫相手とセックスをしていた
  • 相手の社会的地位が高く、資産や収入が豊富

このような場合に、高額な慰謝料が認められているようです。
ただ単にセックスレスである、というだけでなく、それに何か付加が加わると高額な慰謝料になることが多いといえます。

セックスレス以外の慰謝料相場や出来るだけ多く請求する方法はこちらで詳しくまとめています。

何から手をつけたらいいかわからない場合は専門家へ

セックスレスを理由に離婚をしたい、慰謝料請求をしたい、でも何から手をつけたらいいのかわからない・・・。こういった悩みを抱えている方は、まずは専門家への相談を検討しましょう。

専門家であれば、現状でセックスレスを原因とした法律上の離婚ができるのか、慰謝料請求ができるのか、といったことを法律的な目線から判断してもらうこともできますし、協議離婚の間に入ってもらうことも可能となっています。

まるで知識のない二人で協議離婚をするよりも、専門的な知識とアドバイスを受けながら協議離婚をしたほうが、後々揉める心配も少なくなるといえます。

よくあるご相談

離婚後、親権がない子供に会う事は可能?
離婚において親権を手放すことになった側の親が心配することのひとつといえば、「親権がなくても、離婚後子供に会うことはできるのかどうか」ということ。
離婚までの生活費が心配。婚姻費用分担請求ってなんですか?
「離婚をしたいが離婚条件で合意できず、長引いている。DVから逃れるために子どもを連れて別居しているが、夫から生活費をもらえないので、パートの妻の収入だけでは生活が苦しい」などというケースの場合、まだ離婚が成立していないので母子家庭の手当てももらうことができませんよね。
財産分与の算出方法(分け方)が分かりません
離婚の際、条件でもめる要素のひとつとなりやすいのが、財産分与ですね。離婚後に、自分がどれだけ多くの財産の分け前をもらえるか、というのは、まさに「夫婦の利害が対立している」という状態なので、話し合いがスムーズに行かないことも多いのです。
弁護士に離婚相談する費用が負担できません。法律扶助制度は利用できますか?
「少しでも有利に離婚の手続きを進めるためには、弁護士の力を借りたほうがいいことは分かっている、だけど弁護士に依頼するためのお金がどうしても用意できない・・・」
養育費の支払いが滞った場合の対処法は?離婚協議書が必要?
「離婚時に養育費のことで合意して、これで安心と思ったら、最近は養育費を支払ってくれなくなった」などという事態が発生することは、けっして珍しいことではありません。
夫(妻)の浮気相手に慰謝料請求は出来ますか?
「浮気をした夫または妻に慰謝料請求をしたいのは当然だが、それだけではなく、夫または妻の浮気相手にも慰謝料を請求したい」というのは、浮気をされた側の心理としては当然のものでしょう。
相手が勝手に離婚届を提出してしまった。対処方法を教えてください。
「夫がとにかく離婚したいと言っているが、離婚条件に納得できないので引き伸ばしていたら、ある日突然夫が勝手に離婚届を出してしまった・・・」
熟年夫婦の離婚が増加している理由は?
熟年夫婦の離婚が近年激増している、というニュースを見聞きした人が多いと思いますが、その原因は何だと思いますか?
内縁関係の相手に慰謝料請求は可能?
「内縁」とは、婚姻届を出していないので法律上では夫婦ではないものの、実質的には一般的な夫婦と同様の共同生活をし、さらにお互いが婚姻の意思を持っている状態のことを指します。
「不貞の証拠」の種類や条件、取得方法は?
写真・ビデオ・録音テープ・電子メールが「不貞行為の証拠」として有効です。相手側に慰謝料を請求する場合、裁判所に「不貞行為の証拠」として認めてもらう必要があるため、収集すべき証拠などを離婚慰謝料問題の専門家に相談したほうがよいでしょう。
セックスレスが離婚の条件とした時、その期間と慰謝料どれくらいでしょうか?
特別な理由なしに性行為が1ヶ月以上、行われない場合は「セックスレス」と認定されます。「セックスレス」が改善されない場合、十分に離婚の原因にもなるし、慰謝料の請求も発生します。
慰謝料を払いたくない!不倫をして離婚する事になった場合の対処方法は?
アナタ自身の不倫が原因で離婚になった場合は慰謝料の支払いの可能性を頭に置いておいてください。配偶者が法律上、認められない要求をしてきた時の事を考えて法律の専門家にアドバイスを求めておいたほうが良いでしょう。
熟年離婚・高齢離婚を考えています。どのような準備や用意が必要?財産分与も心配です。
熟年離婚において「備えるべき事」と「覚悟しておくべき事」として挙げる事ができるのが、「離婚後の生活のための財源をいかに確保するか?」という事です。
男が親権を取れない理由は?また対処方法は?
母親の方が親権を獲得しやすいと言われていますが、条件次第で父親が親権を取ることは十分に可能です。話し合いで解決すればベストですが、揉めた場合には家庭裁判所が父親が親権を持つほうが適任だと認めさせることができれば親権を獲得することができます。
弁護士に離婚相談するタイミングは?早いほうが良い?
相談は早ければ早い方が良いです。早いうちに相談して、正確な知識を準備しておいたほうが話し合いをスムーズに進めることができるからです。
離婚後、子供への影響が心配。ストレスや心のケアについて聞きたい。
離婚して、一番気がかりなのは子供の事と答える方は多いです。お子様に十分なケアを施さないと将来の人生にまで及ぶ大きな心の傷が残る可能性があります。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る