離婚理由

昨今では離婚件数は増加傾向にあり、その数も結婚したカップルの4組に1組が離婚するというデータがあります。そのうち9割は協議離婚で別れる事を選択しますが、残りの1割は何らかのかたちで離婚トラブルに発展し法的な手段を得て解決しています。その離婚理由も夫(妻)の浮気が原因の不貞行為もあれば、セックスレス、DV、精神病などの問題もあります。また、最近では熟年夫婦の離婚も目立つようになってきました。ここでは、様々なケースでの離婚理由の立証の仕方や証拠の集め方などを解説します。また、法的な解決が必要なトラブルに対処するため、離婚問題に強い法律の専門家である弁護士、司法書士も紹介します。

裁判では法定離婚原因が必要

裁判離婚を提訴する場合には、法廷離婚原因というものが必要になります。この法廷離婚原因は、不貞行為、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、強度の精神病、その他婚姻を継続し難い理由がある場合などです。

続きを読む

離婚協議書を公正証書にする方法と手続き

公正証書は、法務大臣が任命する公証人、つまり裁判官、検察官、法務局長、弁護士などを長年勤めた人から選ばれ、離婚に伴う慰謝料、そして養育費の支払いに関する公正証書を作成します。離婚に対する取り決めはこの公正証書にかかっています。

続きを読む

不貞行為として認められる条件

不貞行為とは、配偶者以外の男女との性的行為であり、また、不貞行為は、ある程度の反復性があって始めて離婚事由となります。また性交渉のない場合は、不貞行為に該当しないので、プラトニックな気持ちだけの浮気にはあてはまりません。

続きを読む

悪意の遺棄として認められる条件

民放に定められている、同居義務、協力義務、扶助義務を負うのが夫婦関係です。夫婦は同居し、お互いに助け合うことが原則なので、悪意の遺棄とは、この原則に不当に違反することを指します。夫婦である以上、この3大義務を疎かにすることは、法廷離婚原因となります。

続きを読む

配偶者が精神病にかかった場合

強度の精神病により、またその精神障害の程度が、婚姻の本質である夫婦の相互協力義務を果たせない場合、離婚が認められる場合があります。強度の精神病であり、回復の見込みがないかどうかは、専門医の鑑定に委ねることになります。鑑定結果をもとに法律的に判断されます。

続きを読む

性格の不一致は離婚理由になるか

離婚の原因として最も一般的なのが、性格の不一致です。ただ、それぞれの夫婦によって原因は異なります。単純にお互いの性格が合わなく、それに起因するトラブルが絶えず、実質的に婚姻関係が破綻している場合は、認められることもあります。基本的に夫婦関係の維持には努力が必要です。

続きを読む

暴行虐待(DV)を離婚原因にする方法

配偶者からの暴力、または虐待は、法的に離婚原因となりますし、不法行為ということで、慰謝料や損害賠償を請求できることもあります。ただし、お互いの言い分、事実の認識が真っ向から対立する場合、医師の診断書、写真、音声などのDVによる証拠が必要です。

続きを読む

セックスレス・性交拒否・性的異常

夫婦間の性生活は、婚姻の基本として重要とされています。一方が性的関係を拒否し、他の一方がそれを不満に思っている場合、離婚原因として認められる場合があります。性生活の異常が婚姻の継続に支障をきたす場合も同様です。ただ単にセックスレスでは認められません。

続きを読む

舅、姑との不仲が離婚原因

婚姻関係は、本人たちだけの問題にとどまらず、双方の親や家族の問題にも関わってきます。もし舅、姑との、いかんともし難い不和が原因で婚姻生活が破綻し、配偶者がその関係の修復に努力しない場合は、離婚請求が認められることがあります。

続きを読む

配偶者の宗教活動が離婚理由

配偶者が異常に宗教活動にのめり込んだり、宗教活動の為に、婚姻関係、生活が破綻、つまり仕事や家庭にまで大きな影響を及ぼしている場合、離婚請求ができる場合があります。相手の過度な宗教活動で家庭崩壊をする前にまずは話し合いが必要になります。

続きを読む

離婚前の別居の注意点と婚姻費用の請求

離婚前の別居は、上手くいかなくなった夫婦関係において、調整、冷却期間を置くことにより、関係改善に有効な場合があります。ただ、離婚前に別居を決意する場合は、離婚で不利にならないよう、注意深い言動が必要です。

続きを読む

熟年離婚と年金の関係

近年熟年離婚が増加傾向にあります。それは年金制度の改革で妻が受け取ることができる額に増加の理由が隠されているようです。相手に収入に頼らず人生を再スタートする方法をまとめました。

続きを読む

離婚・慰謝料の問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る