知っておきたい離婚・慰謝料の用語集

内縁関係とは[意味/説明/解説]

内縁関係とは婚姻届を出しておらず法律上の夫婦ではないが、お互いに婚姻の意思を持ち実態としても夫婦として生活している関係のことです。
別称で「事実婚」とも呼ばれ、婚姻届を出して婚姻関係にある「法律婚」と区別されています。

内縁関係と婚姻関係は関係が続く限りにおいて、婚姻届を出していない以外の大きな違いがありません。
そのため、婚姻に準ずる関係として法的な保護も進められており、内縁関係が解消されるときは財産分与や慰謝料の請求も認められています。

しかし、内縁関係の夫婦に子供が生まれた場合には、認知(父親が自分の子供として認め役所に届け出ること)を必要とします。
子供が認知されないと、父親は子供の養育・扶養義務を負いませんが、良好な内縁関係であれば認知は問題なくされるでしょう。

内縁関係であっても、夫婦としての生活上に問題を生じないのなら、婚姻届を出さずに内縁関係を続けることは当事者の自由です。
ところが、内縁関係は婚姻関係に比べると、やはり法的に不安定だと言わざるを得ません。

内縁関係の前提にあるのは、「婚姻の意思の存在」ですから、単に男女が同居する同棲との境界は非常に曖昧なものです。
内縁関係が終わり財産分与と慰謝料を請求するときになって、相手が婚姻の意思は無かったと主張すれば、それだけで請求の理由がなくなってしまいます。

したがって、内縁関係を証明するには共同生活の事実だけではなく、社会的にも夫婦として認めていた状況(他者に夫婦として紹介している、挙式をしているなど)を明らかにしなくてはならず、婚姻届1枚で法的に夫婦と認められる婚姻関係とは異なっています。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る