財産分与

離婚する際に夫(妻)の側に問題がある場合は、被害を受けた妻(夫)は慰謝料請求できます。また、不貞行為(浮気)が原因の場合には、内容次第では浮気相手にも慰謝料請求が可能です。夫婦間で慰謝料額に同意すれば示談での解決となりますが、一方が支払いに同意しなければ、法的手段により相手に対して慰謝料を請求する事になります。離婚理由には浮気・不倫、DV、セックスレスなどそれぞれ事情がありますが、証拠をしっかり残した上で法的手段に訴えることになります。ここでは、慰謝料の請求と財産分与について解説するとともに、離婚問題に強い女性弁護士を紹介します。

離婚時の財産分与の注意点

離婚時には、お互いに婚姻中に築いた共有財産を清算することです。たとえ、名義が片一方にあったとしても、双方の協力があってのもので、潜在的に夫婦共有財産と考えられるからです。離婚のときには、婚姻中の貢献度によって、清算されるのが定例となっています。

続きを読む

離婚協議と財産分与

離婚において、財産分与は家庭裁判所、慰謝料については、地方裁判所の管轄になっています。基本的に慰謝料の額は、家庭裁判所が一切の事情を考慮し、この財産分与と合算して考えられます。ただケースバイケースですので、法的書面において合意内容をしっかり明記しておきましょう。

続きを読む

財産分与の種類

離婚につきものの財産分与は、大きく分けると3種類に分けることができます。清算的財産分与、扶養的財産分与、慰謝料的財産分与です。財産分与のなかで、もっとも中心になるのが、清算的財産分与で、婚姻生活中の家庭生活への貢献度によって公平に分配される部分です。

続きを読む

離婚・慰謝料の問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る