養育費

離婚しても男親は子供が成人するまで父親としての役割を全うしなくてはならない義務があります。男親が子供を養育するのでなければ、女親に対して経済的なサポートを担う必要があり、養育費というかたちで毎月決められた金額を子供が成人するまで支払わなくてはなりません。但し、この養育費の算出は男親の収入や経済力などで金額が変わってきます。この算出された金額を毎月しっかり払ってくれれば良いのですが、養育費の問題で、最もトラブルになるのが途中で支払いを放棄する男性が多いという事です。ここでは、養育費を確実に支払って貰うための法的な手続き方法や養育費の相場などを解説します。また、養育費の問題に精通した弁護士、司法書士を紹介します。

養育費とは

離婚した後、親権者、監護権をもった親は、これから一人で子供を育てなければいけません。だからこそ、子供の親権者には、もと配偶者からきちんと養育費を支払ってもらい、親としての責任をしっかり果たしてもらうのです。もし親権者にならなくても、子供の養育についての責任はなくなりません。

続きを読む

養育費の支払い義務

養育費の支払い義務とは、子供が最低限の生活ができるための扶養義務と、それ以上の生活の保持義務があると定められています。自分の生活を保持するレベルと同じ程度の生活を、扶養を受ける方にも保持させる義務があるということです。

続きを読む

養育費支払いの取り決め

養育費支払いの取り決めは、夫婦、または代理人で話し合いをして、離婚協議で決まらない場合は、離婚調停で金額、支払い方法など、具体的なことを決定します。それでも決まらない場合は、離婚訴訟で裁判官の判断を仰ぎます。義務者と権利者の基礎収入、負担能力、最低生活費などを考慮して算定されます。

続きを読む

相手が養育費を払わない

養育費は、親権、義務者と権利者の問題ではなく、子供の問題です。子供が成長して自立するまで、親と同程度の生活をさせる義務ですので、養育費を払う親も受け取る親もそれはすべて子供の為です。金銭の約束については、必ず強制執行認諾文付きの公正証書にしておきましょう。

続きを読む

養育費の相場

養育費の相場は親の収入や生活水準を基準として算出されるので、相場というのはありません。最近では、目安として、養育費早見表を見た算定方法が一般的になっています。平均としては、1人につき、月額で3万円から6万円くらいになります。

続きを読む

養育費算定表とは

今後、子供が成人するまでかかる費用について、親の資力や生活水準、つまり義務者の年収と子供の年齢などを考慮して1ヶ月の養育費が算定されています。最近ではこの養育費算定表をみて、だいたいの養育費が計算する人がいますが、離婚の際の慰謝料や財産分与等はまた別です。

続きを読む

離婚後の生活費

離婚後する際に一番悩むのがこれからの生活費のことです。離婚後、主婦や主夫だった方は、再就職をして新しい生活を始めなければなりませんし、子供がいればもっと大変です。具体的に将来の生活設計を考えて、離婚協議書の内容を検討することです。

続きを読む

養育費の算出と傾向

養育費の算出方法は、養育費算定表にのっとって計算されますが、それでも離婚後、きちんと養育費を受取り続けることは難しい現実があります。相手の経済状況が悪化したり、滞納されたりする事を考え、離婚協議書や専門家の手による正式文書で示すと、最悪の場合でも強制執行ができます。

続きを読む

離婚・慰謝料の問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る