離婚問題を弁護士に依頼した方が良い4つの理由

離婚問題を自分だけで解決しようとしてませんか?円満に協議離婚できるようであればそれでも問題ありません。

しかし、相手方とトラブルになった際には辛く面倒な交渉や手続きが待っています。また、あなたにとって不満が残る離婚条件で決着する可能性だってあります。

結果として「慰謝料・養育費が十分貰えない」、「親権が獲得できない」、「財産分与も少ない」など最悪な形で離婚となるケースも考えられます。

孤独で苦しい離婚問題ですが、唯一あなたの味方となって交渉から事務手続きまでを進めてくれるのが弁護士という存在です。

離婚専門の弁護士なら依頼者のメリットを考えて行動してくれます。

「慰謝料・養育費の増額」、「離婚相手との交渉手続き」、「離婚調停や訴訟の際の裁判所への働きかけ」、「離婚書類の作成」、「離婚事務手続き」など法律のプロとして迅速に対応してくれます。

様々なかたちで依頼者の負担を軽減して、有利な条件を引き出すのが離婚専門弁護士の仕事なのです。

弁護士に依頼する4つのメリット

トラブルを抱えた離婚問題は弁護士に依頼することで状況が大きく変わります。離婚弁護士へ依頼するメリットを見ていきましょう。

1.交渉を任せる事ができる

離婚問題では、「相手が協議離婚に応じない」、「交渉を拒否する」、「交渉できる状態ではない」など自分だけの力では離婚を進めることができないケースがあります。

以下のような場合には、法律の専門家である弁護士へ相談しないといつまで経っても離婚の話し合いができずドロ沼の状態が続く事になります。

  • 相手が協議離婚を拒否する
  • DV、モラハラがひどく話し合いができない
  • 精神疾患を抱えている
  • 病気を抱えている
  • 遠方に住んでいる
  • 生死が明らかでない etc...

しかし、相手方も弁護士が関与してきたら交渉に応じないわけにはいきません。弁護士の介入により短期間であなたに有利に離婚が決着する可能性が高くなります。

また、弁護士は依頼者利益の追求がモットーです。依頼者が望む離婚の条件などを聞いた上で相手方と交渉を代理してくれます。

調停離婚、離婚訴訟に発展した際には裁判所に対して、離婚に至る経緯説明、心象を良くするための働きかけ、など依頼者に有利な和解・判決となるように動いてくれるのです。

2.書類作成を任せることができる

離婚手続きでは、様々な書類作成が必要な場面が出てきます。普段から公的な書類作成に慣れていない人にとって、これはとても面倒な作業です。

また、内容証明や離婚協議書など法的効力を持たせた書類作成は素人が勝手に作るのは危険です。法律の専門家である弁護士が一語一句確認の上で書類作成をしないと、後で法的な有効性が立証されずに相手に請求できなくなる可能性があります。

離婚の前後では下記のような書類作成が必要なケースが出てきます。

  • 婚姻費用契約書:別居時の生活費用の支払いの取り決め時
  • 示談書:離婚時や離婚後に起きたトラブルの終結時
  • 内容証明の作成:不貞相手への慰謝料請求、養育費未払いの強制執行など
  • 離婚協議書の作成:離婚後の取り決め(慰謝料、養育費、親権、財産分与、面会交流など)
  • 離婚調停申立書の作成:裁判所への申立書
  • 離婚訴状の作成:訴訟離婚の際の訴状

3.事務手続きを任せることができる

離婚でトラブルになった際には、書類作成と合わせて煩雑な事務手続きが発生します。

離婚のケースによってそれぞれ違いますが、依頼者にとって有利な離婚となるように弁護士は交渉、書類作成と合わせて事務手続きもサポートしてくれます。

不慣れな役所、裁判所、公証役場への事務手続きも弁護士がいることで安心できます。

  • 相手方:慰謝料支払い方法など書面によるやり取り
  • 公正証書化(示談書、離婚協議書など):公証役場での事務手続き
  • 裁判所(調停離婚、離婚訴訟):裁判所への申立、各種確認
  • 登記手続き(財産分与):不動産を分与された際の名義変更手続き
  • 財産評価(財産分与):固定資産評価証明書の作成
  • 税務手続き:財産分与による贈与税の申告
  • 年金分割:年金事務所へ年金分割情報提供の申請 etc...

4.離婚調停、裁判離婚の代理人となってくれる

弁護士は離婚調停時には裁判所へ同行し調停員との面談に同席することができます。また、裁判離婚の際には訴状作成から代理人として裁判へ出頭できます。

離婚調停、裁判離婚では、裁判所の対応を知り尽くしている弁護士が様々なアドバイスをしてくれます。相手と顔を合わせたくない場合や日中昼間の裁判にはどうしても行けない場合にも弁護士が代理人となって手続きを滞り無く進めてくれます。

裁判所へ行くという精神的な負担、調停員との面談での事情説明など弁護士が代理人としていることで大きく軽減されます。

弁護士に依頼する際に気をつける点

離婚問題は弁護士なら誰でも良いという訳ではありません。弁護士にも専門分野というものがあります。あくまで離婚に強い弁護士に依頼しないと問題解決がスムーズに進まないことがあります。

弁護士への依頼で気をつけるべきポイント1

弁護士への依頼は、離婚するという方向性がまとまってからの方が良いでしょう。「離婚が現実的に避けられない」、「離婚することで何を得たい」などを考えを明確にして弁護士に相談することです。(もちろん事前に不明点を質問するのは構いません)

そして、「何をどのように準備すれば良いか」、「手続きの進め方」など適切なアドバイスを受けながら進めていくことになります。

弁護士は離婚問題を解決する専門家であって、離婚の人生相談相手ではありません。あなたが本気で問題解決したいからこそ、弁護士も本気でサポートしてくれるのです。

弁護士への依頼で気をつけるべきポイント2

弁護士へ依頼するタイミングが遅過ぎるのもよくありません。相手との話し合いが感情的になってこじれた状態よりも、冷静な状態の方が当然ながらスムーズに解決に進むケースが多いものです。

そうは言っても、弁護士費用を考えたらぎりぎりまで自力で解決したいと考えるのも分かります。

ただし、「離婚調停で不利な解決になった」、「審判離婚で一方的な審判が下された」など手遅れになる前に弁護士に相談したいものです。

弁護士に早いタイミングで相談するメリット

離婚問題を弁護士に早いタイミングで相談することで得られるメリットは数多くあります。「離婚知識」、「時間」、「精神的負担軽減」、「金銭面」と大きく4つのものが得られます。

  • 離婚に有利なアドバイスが受けられる
  • 慰謝料、養育費、財産分与など増額が期待できる
  • 相手との交渉やりとりが不要になる
  • 相手に対して強いプレッシャーを与えられる
  • 離婚までの道筋が見えてくるので精神的に楽になる
  • 離婚後の生活設計に専念できる etc...

離婚問題に強い弁護士の探し方

なぜ離婚問題は弁護士に依頼した方が良いのかご理解頂けたかと思います。

離婚に至るまでの理由や原因は個人によってそれぞれ違います。しかし、婚姻という夫婦の契約が切れた以上、もし離婚原因が相手にあるのであれば今後の生活を見据えて何らかの補償(慰謝料、養育費など)を支払って貰うのは当然の権利です。

そんな時に、法律に詳しくない一般個人ができることは限られています。

協議離婚では得られる権利が曖昧なまま終わったり、裁判所での調停では必ずしもあなたの言い分が認められるわけではありません。(公平性の観点から相手の言い分も尊重されます)

そんな時に相談したいのが離婚に強い弁護士です。弁護士はあなたが依頼したその時から代理人でありパートナーです。できるだけ有利な条件を引き出そうと全力を尽くしてくれます。

しかし、繰り返しますが弁護士なら誰でも良いわけではありません。遺産相続専門の弁護士に相談しても、事例や経験が少ないため月並みなサポート対応しかしてくれないことがあります。

離婚問題を長年扱ってきた経験と実績豊富な弁護士を選ぶことが重要なのです。

当然ながら弁護士費用も気になると思います。まずは、ご自身の離婚状況を弁護士に説明した上で、得られるであろう慰謝料、養育費の金額を算出してもらい最終的に依頼するかどうか決める形でも良いでしょう。

まとめ
離婚問題は個人で解決するよりも、弁護士等の専門家に相談した方が経済的にも精神的にも楽になります。もちろん交渉や必要書類作成も代理で対応してくれるので、時間的な余裕も生まれます。
離婚・慰謝料の問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
「今すぐ離婚したい」「慰謝料を絶対にもらいたい」とお考えの方へ
ひとりで悩んでいませんか?あなたは1人ではありません!
弁護士を探す
当サイトでは離婚問題を専門に扱う女性弁護士のみを紹介しています。
実績・経験豊富な離婚に精通したスペシャリストばかりです。離婚交渉を有利に進めてくれる女性専門家に相談してみませんか。 離婚問題につよい女性弁護士を検索する
計算する
「離婚すると慰謝料はどのくらいもらえるの?」「離婚後どのくらいの生活費がかかるの?」とお悩みなら、下記の自動計算シミュレーターで簡易計算してください。
解決する
離婚問題は浮気やDVなど要因が多岐に渡り、その解決方法もそれぞれ違います。
離婚を有利にすすめる為にはどうしたらいいのか?どのような準備が必要か?分かりやすく解説しています。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る