親権

夫婦が離婚する際に最も揉めるのは「子供の親権問題」です。親権争いは言わば家系の世継ぎ争いでもあります。双方の親や家族を巻き込んでお互いの家が一歩も引かないため泥沼の争いになるケースが多いのです。親権や面会権などにおいて、話しがこじれたら法的手続きによる決着しか方法はありません。ここでは、親権を得るための「経済的な条件」、「養育能力の有無」、「離婚前にどのような行動を取れば良いか」などを解説します。また、養育の権利問題に強い弁護士や司法書士もご紹介します。

親権とは

親権とは、成年に達していない子供を監護、教育し、その財産や権利を保つためにその子供の父母に与えられている権利や義務を負うことで、未成年の子供に対してその権利を持つものを親権者といいます。離婚の際に子供がいる場合、どちらが親権者になるかは重要な問題です。

続きを読む

監護権とは

親権とは、基本的に、身上監護権、そして財産管理権があります。身上監護権は、身の回り、そして教育やしつけの部分の権利、義務、そして財産管理権は子供名義の財産などの管理、法律行為を行う権利、義務のことです。なかには、親権、監護権とも持たない親もいます。

続きを読む

親権者の決め方

親権者は原則として夫婦間の話し合いで決定します。双方が合意に達しない場合でも調停や審判で決める場合もあります。親権者決定の条件は、親の健康状態、経済力、子供に接する時間、子供の年齢、意志、離婚後の生活水準や環境への適応など、色々考慮されます。

続きを読む

親権争いになったら

親権者を未定のまま、離婚することはできませんので、必ず離婚前に話し合うことが必須です。親権は、これまでの監護実績がものをいうことがあります。子供と多くの時間を過ごし、また子供の意志はどうであるか、現状維持の原則、そして親としての適性が考慮され、最終的に親権者を決定します。

続きを読む

親権を得る方法

現在の日本では、両親が離婚した場合、圧倒的に母親が親権を持つことが多いです。離婚原因が父親側にあったり、また母親がいままでの子育てにおいてずっと関わってきたという実績がある以上、余程母親に問題が無い限りは、父親のほうが親権を得るのは難しいとされています。

続きを読む

離婚・慰謝料の問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る