離婚方法

夫婦が離婚に至るケースは様々ですが、お互いが協議離婚に合意しなければ離婚というものは成立しません。もし、協議がこじれて条件闘争、権利闘争に発展するようであれば、もはや法的な手続きで解決するしか方法はありません。裁判所が調停をおこない離婚を検討する「調停離婚」で解決できなければ、最終的には法廷の判決で決める「裁判離婚」のジャッジを仰ぐことになります。昨今では、国際結婚の離婚問題やDV、モラハラなど複雑な要因の離婚が増えています。やはり、離婚問題を解決するなら専門家(弁護士、司法書士)に相談するのが一番の近道です。

「離婚したい」と思った人が、今すぐ知るべき法的手続き

もし離婚したいと考えたなら、離婚の手続き方法から夫(妻)とのトラブル回避の方法、さらに離婚後の生活まで見据えて情報を集める必要があります。必ず知ってほしい離婚に関する法的手続きのポイントを解説します。

続きを読む

離婚の手続き

婚姻関係にある当事者が、婚姻後に生じた事情により、その婚姻関係を解消するのが離婚です。離婚の形態には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、まずはどの方法で離婚するのかを冷静に判断します。

続きを読む

協議離婚とは

日本では、離婚全体の約90パーセントがこの協議離婚になります。協議離婚は、戸籍法の定めるところにより、届け出ることが必要とされ、当事者が離婚意志をもって合意することが原則です。最も手続きが簡素で、双方のデメリットが少ない方法です。

続きを読む

調停離婚とは

調停離婚は、家庭裁判所の調停において、夫婦間の婚姻関係を解消、離婚の合意が成立し、調書に記載したときに、離婚と同様の効力を持ちます。離婚調停後、申し立て人は、10日以内に離婚の届け出をするのが原則となります。

続きを読む

審判離婚とは

この審判離婚は、調停離婚が何らかの理由で成立していない場合に、家庭裁判所の職権で離婚の審判が行われる制度です。2週間以内に異議の申し立てがなければ、効力を発揮します。ただその期間内に申し立てがあった場合は無効になります。

続きを読む

裁判離婚とは

裁判離婚は、協議離婚、調停離婚が成立せず、また審判離婚も効力を発揮しなかったときに、判決によって離婚することです。ただ、ここまでもつれるケースは離婚全体の1パーセントでかなり稀です。訴訟に発展する場合は、家庭裁判所に訴えを提起します。

続きを読む

モラルハラスメント離婚とは

夫が妻に、妻が夫に、相手を自分の支配下に置いて、精神的に、ときには肉体的に追いつめて、ストレスのはけ口にすることが家庭内モラルハラスメントです。そして加害者側は、悪いことをしている自覚がありません。原因で表面化しづらいのが、このモラルハラスメント離婚です。

続きを読む

国際結婚の離婚

国際結婚のカップルが離婚するケースは、より問題は複雑になります。どこの国の法律を適用するかという準拠法の問題、また、夫婦の間にできた子供の問題、ハーグ条約など、離婚前に知っておくべき、また検討すべき課題が多いものです。

続きを読む

離婚届けの書き方と出し方

夫婦間で話しがまとまり、いざ離婚届けを書こうと思っても項目がありすぎて不明点が多いと思います。事前準備が必要な部分や分かりにくい箇所など、記入方法を分かりやすくまとめました。

続きを読む

離婚・慰謝料の問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る