よくあるご相談

慰謝料を払いたくない!不倫をして離婚する事になった場合の対処方法は?

不倫をして離婚をすることになってしまった場合、慰謝料というのは必ず付きまとうと誤解されている方が多くいらっしゃいます。
確かに慰謝料というのは、相手に対する精神的苦痛に対する賠償金と定義されていますので、不倫をし、相手に精神的苦痛を与えたとなれば、当然、法律上は発生し得るものです。

しかし、不倫がすでに夫婦関係破綻後のものであったとしたら?相手も不倫していたことが判明したとしたら?といったような、夫婦関係に直接的に関わる事情がある場合、過去の裁判判例を見ても、慰謝料の支払いが必ず義務付けられているわけではありません。

本当に慰謝料を支払わなければならないのか?よく見極める必要があるといえます。

そもそも不貞行為に該当しているのか

不倫という言葉は法律の世界には存在しません。
不倫と似通った行為として、法律用語では「不貞行為」という表現をします。慰謝料の支払いが法律的に認められるかどうかというのは、その不倫が果たして不貞行為に該当しているのか否かが重要となってきます。

不貞行為というのは、男女間の性交渉のことをいいます。つまり、二人の間に肉体関係があったかどうか、ということです。
しかし、不倫という概念には個人それぞれの価値観もあり、「手をつないで歩いていたから」、「キスをしていたから」、「親密さをうかがわせるメールをしていたから」など、なにを持って不倫とするかは人それぞれといえます。

よって、その不倫が果たして不貞行為に該当しているのか?ということが、まず慰謝料を支払うべきかどうかの争点になるというわけです。
自身のした行為が、法律上の不貞行為に該当していないのであれば、相手に対して慰謝料を払う必要は一切ありません。

夫婦関係破綻後の不貞で慰謝料は発生しない

また、仮に自身のした行為が不貞行為に該当していたとしても、すでに夫婦関係が破綻した後であれば、不貞行為に対する責任は、法律上、発生しないことになっています。
つまり、すでに共同生活を維持できないほどに夫婦関係が破綻していた場合、もはや事実上の離婚状態といえるため、不貞行為をしていたとしても、そこに夫婦としての責任はなく、慰謝料が発生することはありません。

ただし、夫婦関係の破綻というのは、どちらか一方がそう考えているということではなく、客観的に見ても明らかに破綻しているという状況でなければなりません。
たとえば、「長期間性交渉がない」、「長年会話もなく食事も別々」、といったような状況をいいますので、ちょっとしたケンカ程度であれば、それは夫婦関係の破綻とはいえません。

夫婦関係の破綻については、一般人の間では意見の分かれるところがあるため、もし夫婦関係の破綻を主張するのであれば、最終的には裁判所に判断をしてもらうことになります。

協議離婚の慰謝料はあくまでも任意

離婚方法には種類がいくつかあります。それは、「協議離婚」、「調停離婚」、「審判離婚」、「裁判離婚」の4つとなっています。
この中で協議離婚以外は、すべて裁判所での手続きとなるため、もし、慰謝料の請求がされているのであれば、ほとんどがその手続きの中で話し合われることになります。

よって、この3つの方法による離婚の場合、基本的には慰謝料請求の正当性や金額といったものまで、裁判所の判断によるところになります。しかし、協議離婚の場合の慰謝料は、双方間の合意さえあればどういった内容のものでも構いません。

つまり、不貞行為が事実だったとしても、協議離婚であれば、慰謝料の支払いはなかったことに、または金額を低くすることも可能となっています。そこは相手との交渉次第となりますので、なるべく円満なものとなるように調整する努力が必要といえます。

離婚慰謝料のだいたいの相場はこちらでまとめています。

離婚後の慰謝料請求に要注意

いったんは慰謝料請求について落ち着き、何事もなく協議離婚が成立したとしても、相手の慰謝料請求権がなくなったわけではありません。
これはその他3つの離婚方法であったとしても、同様のことがいえます。裁判手続きの場合、離婚成立に時間がかかってしまうことから、あえて慰謝料の請求を後回しにすることも可能となっているためです。

離婚慰謝料については、離婚成立から3年が経過するまでは請求することが可能となっているため、離婚後、改めて慰謝料請求をされてしまう場合もあります。
こうした危険を回避するためには、離婚時には必ず離婚協議書を作成するようにし、「離婚後、お互いの財産上の請求はしない」、「不倫相手に金銭の請求はしない」といった項目を付け加えておく必要があるといえます。

これによって、相手は慰謝料請求権を放棄したことになりますので、たとえ離婚後であっても、慰謝料請求をされるような心配がなくなります。

慰謝料問題は専門家に相談しよう

上記のように、慰謝料の支払いを回避するには、「慰謝料に対する法的な知識」、「相手との交渉力」、「離婚時、離婚後の対応」、といったように専門的な能力がどうしても必要となってしまいます。

慰謝料請求をされそう、されている、といった場合は、まず専門家に相談をするようにし、その判断に従うことが、慰謝料を支払わないための一番良い対処方法といえます。

よくあるご相談

離婚後、親権がない子供に会う事は可能?
離婚において親権を手放すことになった側の親が心配することのひとつといえば、「親権がなくても、離婚後子供に会うことはできるのかどうか」ということ。
離婚までの生活費が心配。婚姻費用分担請求ってなんですか?
「離婚をしたいが離婚条件で合意できず、長引いている。DVから逃れるために子どもを連れて別居しているが、夫から生活費をもらえないので、パートの妻の収入だけでは生活が苦しい」などというケースの場合、まだ離婚が成立していないので母子家庭の手当てももらうことができませんよね。
財産分与の算出方法(分け方)が分かりません
離婚の際、条件でもめる要素のひとつとなりやすいのが、財産分与ですね。離婚後に、自分がどれだけ多くの財産の分け前をもらえるか、というのは、まさに「夫婦の利害が対立している」という状態なので、話し合いがスムーズに行かないことも多いのです。
弁護士に離婚相談する費用が負担できません。法律扶助制度は利用できますか?
「少しでも有利に離婚の手続きを進めるためには、弁護士の力を借りたほうがいいことは分かっている、だけど弁護士に依頼するためのお金がどうしても用意できない・・・」
養育費の支払いが滞った場合の対処法は?離婚協議書が必要?
「離婚時に養育費のことで合意して、これで安心と思ったら、最近は養育費を支払ってくれなくなった」などという事態が発生することは、けっして珍しいことではありません。
夫(妻)の浮気相手に慰謝料請求は出来ますか?
「浮気をした夫または妻に慰謝料請求をしたいのは当然だが、それだけではなく、夫または妻の浮気相手にも慰謝料を請求したい」というのは、浮気をされた側の心理としては当然のものでしょう。
相手が勝手に離婚届を提出してしまった。対処方法を教えてください。
「夫がとにかく離婚したいと言っているが、離婚条件に納得できないので引き伸ばしていたら、ある日突然夫が勝手に離婚届を出してしまった・・・」
熟年夫婦の離婚が増加している理由は?
熟年夫婦の離婚が近年激増している、というニュースを見聞きした人が多いと思いますが、その原因は何だと思いますか?
内縁関係の相手に慰謝料請求は可能?
「内縁」とは、婚姻届を出していないので法律上では夫婦ではないものの、実質的には一般的な夫婦と同様の共同生活をし、さらにお互いが婚姻の意思を持っている状態のことを指します。
「不貞の証拠」の種類や条件、取得方法は?
写真・ビデオ・録音テープ・電子メールが「不貞行為の証拠」として有効です。相手側に慰謝料を請求する場合、裁判所に「不貞行為の証拠」として認めてもらう必要があるため、収集すべき証拠などを離婚慰謝料問題の専門家に相談したほうがよいでしょう。
セックスレスが離婚の条件とした時、その期間と慰謝料どれくらいでしょうか?
特別な理由なしに性行為が1ヶ月以上、行われない場合は「セックスレス」と認定されます。「セックスレス」が改善されない場合、十分に離婚の原因にもなるし、慰謝料の請求も発生します。
慰謝料を払いたくない!不倫をして離婚する事になった場合の対処方法は?
アナタ自身の不倫が原因で離婚になった場合は慰謝料の支払いの可能性を頭に置いておいてください。配偶者が法律上、認められない要求をしてきた時の事を考えて法律の専門家にアドバイスを求めておいたほうが良いでしょう。
熟年離婚・高齢離婚を考えています。どのような準備や用意が必要?財産分与も心配です。
熟年離婚において「備えるべき事」と「覚悟しておくべき事」として挙げる事ができるのが、「離婚後の生活のための財源をいかに確保するか?」という事です。
男が親権を取れない理由は?また対処方法は?
母親の方が親権を獲得しやすいと言われていますが、条件次第で父親が親権を取ることは十分に可能です。話し合いで解決すればベストですが、揉めた場合には家庭裁判所が父親が親権を持つほうが適任だと認めさせることができれば親権を獲得することができます。
弁護士に離婚相談するタイミングは?早いほうが良い?
相談は早ければ早い方が良いです。早いうちに相談して、正確な知識を準備しておいたほうが話し合いをスムーズに進めることができるからです。
離婚後、子供への影響が心配。ストレスや心のケアについて聞きたい。
離婚して、一番気がかりなのは子供の事と答える方は多いです。お子様に十分なケアを施さないと将来の人生にまで及ぶ大きな心の傷が残る可能性があります。

離婚問題、ひとりで悩んでいませんか?アナタはひとりじゃありません!無料相談!!数多くの離婚問題を解決へと導いてきた弁護士を紹介いたします。親身になって相談にのってくれる弁護士はコチラ

トップへ戻る